■ 飽くなき音へのこだわり

● パッチベイ

当スタジオでは音質劣化の原因とされるハンダによって結線されたケーブルのコネクタ同志の接続を少しでも減ら という理由から『パッチベイ』一切使用せず、192 I/O等のオーディオインターフェイスやスタジオ内から 繋がるバランスケーブル直接マイクプリアンプ等のアウトボード機材に接続して録音作業を行なっております。


● 電源

特別な電源工事により安定したバランス転送であるノイズレス電源の200ボルトミックスルームメインブースに供給させ、ノイズを徹底的に押さえる工夫がされたシールド電源ケーブル医療用非メッキプラグによって繋がれた当スタジオ特注品による業務用アイソレ-ショントランスにより上質の安定した100ボルトと115ボルトノイズレス電源各機材に供給しております。
200ボルトバランス転送なので音質が優れています。それが100ボルトであったとしてもプラス50ボルトマイナス50ボルトによる三芯のバランス転送100ボルトであれば全く同じ事です。ということは昇圧トランスで通常の100ボルト200ボルトに上昇させて200ボルトにしても全くの無意味となってしまいます。それは通常の100ボルト115ボルトにしても同じ事です。
200ボルトノイズを拾わない理由バランス転送だと言う事は先に述べました。では何故200ボルトノイズを拾わないのでしょうか?
それは表の電柱から各建物内部のブレーカーの手前まで引かれている電源はそれぞれ100ボルトの二つの線で送り込まれていて合計が200ボルトとなっています。この日本の200ボルトの転送方法はまさにプラス100ボルトマイナス100ボルトアースによる三芯のバランス転送なのです。オーディオでいうところのバランスケーブルと一緒です。
通常レコーディングスタジオでは、それらのバランスケーブルが何本もスタジオ内を徘徊しています。にもかかわらずノイズを受ける事はありません。要するにこれがアースを含む三芯のバランス転送です。そしてこの当スタジオ内のミックスルームとメインブースに供給されている200ボルトはまさにそのそのバランス転送によるノイズレスで安定した電源となります。
よく誤解される事が多いのですが、決して電圧が高いから音質が良いのではありません。


● 電源ケーブル

各機材に繋がれる外付け電源ケーブルはすべて医療用電源プラグで有名なアメリカのマリンコ社ワッターゲート社、ドイツのK+B社、そしてこれも大手プロ用ケーブルメーカーのアメリカベルデン社製による完全にノイズ シールドがされた極太電源ケーブルによって作成されており、これらによってよりフラットで安定した音を演出する為の電源を各機材に供給しております。


● オーディオケーブル

スタジオ内のマイクケーブルアウトボード機材同志を繋ぐケーブルにはベルデンの最高峰オーディオバランスケーブル84121192Aを、そして一番重要な音の入口である192 I/Oオーディオインターフェイスのイン、アウトからは国内では正規販売されておらず、性能は8412と二分する完全にフラットな音を追求した88760とイギリスのレコーディングスタジオでは定番のプロ用高級ケーブルメーカーバイタルオーディオVAM265の組み合わせとゆう英米を代表するレコーディング用バランスケーブルを使用、そしてスピーカーケーブルにはビンテージケーブルとしてその音に絶大な信頼を誇っているアメリカ、ウエスタンエレクトリック社製の物を使用し、この規模のレコーディングスタジオとしては他に例がない程のこだわりを持ってその『音』を追求し続けております。
 


| MOTHER HOUSE | 池袋店 | 江古田店 | 練馬店 | マザーハウス レコーディングスタジオ |
| マザーハウス クリエイティブサウンドレッスン | マザーハウス サウンドデリバリー | 求人 |

- Copyright(C) 1999-2016 MOTHER HOUSE Corporation. All Rights Reserved -